保健師の転職〈ハローワークと転職サイト、どっちが良いのでしょう?〉

就職や転職活動をするにあたって、 まずイメージするのはハローワーク(職業安定所)の利用でしょう。 求職をしないとしても、失業給付の手続きなどで 一度は訪れる機関なのではないでしょうか?

もちろんハローワークでも保健師の求人は公開されています。 しかし、インターネットが普及した近年ではそれ(ハローワーク)以外にも 転職にあたって受ける事ができるサービスが数多く存在しますよね。 たとえば、保健師に特化したタイプの転職支援サイトです。 実際、どちらを利用するのが賢いのでしょうか?

まず、ハローワークのメリットをご案内しましょう。

一番は地域密着型であるといった点ですね。地元の病院や医療機関、 または自治体からの求人は多いでしょう。 自治体の施設への就職を望むのであれば、ハローワークの利用がお奨めです。 また、ハローワークでは正規の社員以外にパート求人も取り扱っています。 臨時や非常勤など、様々な雇用形態での求人もさがす事が可能です。

デメリットとして、履歴書に空白期間がある方の転職活動があります。 そういった方の転職活動では、再就職支援ののちの再就職を受け入れる事が出来る医療機関を探す必要があります。ハローワークに公開される求人のなかで、その受け入れ態勢が整った職場が少ないのです。

ここまでハローワークのメリット・デメリットを紹介しましたが、 転職サイトではどうなのでしょうか? 転職サイトでは、ハローワークに比べ自治体での求人が集め辛いでしょう。 しかし、専属のアドバイザーのもと希望に合った求人を探す事ができ、 転職後のミスマッチを防ぐため全力でバックアップしてくれます。

履歴書に空白期間のある方に対する復職支援に力を入れる転職サイトもありますので、 転職活動の不安を少しでも軽減することができます。 ハローワークと転職サイトでは、どちらが賢いのか? 正直、どちらにもメリット・デメリットがあります。 希望する求人や、あなたの現状によっても変わってくるでしょう。

ただ、離職率の低さからし辛いとされている保健師の転職活動は より多くの求人情報を入手できるかどうかが成功の鍵になっています。 どちらも賢く利用して、自分の理想にマッチした転職先選びをしてください。