保健師の転職はまず転職の希望理由を考えよう!

保健師に限らず、離職や転職の理由として多いのは人間関係や給与に関する不満なのでは無いでしょうか?しかし、「前職を離職した理由はなんですか?」と面接で聞かれた場合、 素直に職場の愚痴や不満を言ってしまうのもどうでしょう?

前職の離職理由や転職の希望理由の質問は、ほとんどの面接で聞かれるといっても過言ではありません。 では、どのような返答をすれば印象を落とさずに済むのでしょうか? この質問へのベストな返答を用意する事から、面接対策をはじめて見ましょう。

当然ですが、前職の不満や愚痴などネガティブな返答はするべきではありません。 まずは、あなたがなぜ離職するのか、そして転職先で何を望んでいるのかを明確にしましょう。

ポイントは、できるだけプラスな転職であると方向転換させる事です。 たとえ前職の離職理由が人間関係であったとしても、 次の職場で習得したいスキルやキャリア、資格などに焦点を合わせて下さい。

「自分の保健師人生をより輝かせる転職である」とシフトチェンジすることで、 その後の受け答えに留まらず、履歴書や職務経歴書などの書類作成にも活きてくるはずです。 導きだしたポジティブな転職理由を軸に行えば、 あなたの印象を落としてしまう恐れもありません。

面接対策として、マナーや第一印象を意識する事はもちろんですが 想定される質問への返し方を準備しておく事も大切です。 面接を受ける前に求人情報やホームページなどをチェックし、 下調べをした上で適切な回答を用意しておきましょう。

自力での面接対策や転職活動に不安がある場合、ぜひ活用したいのが 保健師に特化した転職支援サイトです。 転職支援サイトでは、転職のプロであるアドバイザーの助言を受けながら 面接対策や書類作成を進める事が出来ます。

また、面談によりあなたの状況や希望条件を 把握した上で、求人探しや条件交渉も行ってくれますので、 自力での転職活動よりもスムーズに進める事が出来るでしょう。